【妊娠6ヶ月/22w3d】性別判明のフシギ体験&近況メモ

こんにちは、2017年7月出産予定のプレママです。

今日は性別がわかった妊娠6ヶ月目の近況メモです。

 

【20w0d】健診で性別判明!

妊娠6ヶ月目に入ったばかりの20w0dに妊婦健診を受けてきて、そこで赤ちゃんの性別がわかりました。

エコーで赤ちゃんに異常がないかを詳しくみてもらった回でしたが、脳や心臓や体の形状などを見るときには動き回ってなかなか大人しく見せてくれなかったのに、性別を調べるときははっきりとわかるように見せてくれていました♪

 

先生が「うん、女の子ね!」とドきっぱり。

普通、女の子の場合は「たぶん女の子かなぁ」という感じが多いと思うのですが、教科書みたいにオマタにアーモンドみたいな割れ目が見えて、はっきり「女の子」とわかったようです。

今ではこの割れ目が見えたらほぼほぼ女の子で確定みたいですね。

 

別にどうしても女の子が欲しいと思っていたわけではないのですが、女の子とわかり、とある理由から不覚にも涙を流しそうになってしまいました。

その理由というのは…

 

実は、赤ちゃんが夢で事前に性別を教えてくれていた

【妊娠5ヶ月/19w3d】近況メモ&妊娠5ヶ月目から始めた2つのこと!
2017年7月出産予定。 来週からはやくも妊娠6ヶ月目に突入。その前に、妊娠5ヶ月中の近況メモと、5ヶ月目に入ってから始めた2つのことについてまとめました。 まずは近況メモから。 【16w1d】経管ポリープ切除後、まっ...

前回、こちらの妊娠5ヶ月目の近況メモにて「池川先生による胎内記憶の本を読んで、赤ちゃんに話しかけたりコミュニケーションをとろうとしている」ということを書きました。

それで、その本には「赤ちゃんが夢でいろいろ教えてくれる」という旨のことも書いてあったので、ある日、試しに「夢で男の子か女の子か教えてくれたら嬉しいなぁ♪」とお腹の赤ちゃんにお願いしてから昼寝してみたんですね。

そしたら…

 

うとうとした瞬間、ハッと気がつくと、私が寝ている傍らにかわいい女の子が一緒に寝転がっていました。

「おまめちゃん(当時の胎児ネーム)、女の子なの?」と聞くと、「そうだよ」と答えてくれました。

夫に似て目がぱっちりしていて、気の強そうな、かわいい女の子でした。

 

夢なんですが、やたらリアルな感覚で、そのままその女の子を抱いて一緒に眠りました。

たぶん、抱き枕の感覚だと思うんですがね(笑)

 

そんなことがあって「もし女の子だったらあれはほんとにおまめちゃんかもしれん!」と思っていたため、健診で性別が女の子とわかった瞬間、あれはやっぱりそうだったんだと感動して泣きそうになってしまったのでした。

 

健診前にも「はっきり見せてくれるといいなぁ」とお願い

そして、実は健診前にも「今度の健診でおまめちゃんの性別がはっきりわかると嬉しいなぁ」とお腹に向かってお願いしていたのでした。

それもあってはっきりわかるようにオマタを見せてくれたのかなぁと。

 

ほんのささいな出来事なのですが、自分にとってはとても不思議な感覚の体験をしたなぁと思いました。

妊婦は眠りが浅くて不思議な夢を見る人が多いらしいです。

不安のあらわれか怖い夢を見ることも多いので、少しでも幸せな気持ちになれるように、お腹の赤ちゃんに「こんなこと教えてー」とお願いしてみるのも良いかもしれません♪

 

近況① 性別がわかってからは名付けに悩む日々

さて、性別がわかってからというもの、日々名付けに悩んでおります。

付けたい名前をいくつか考えて姓名判断にぶち込むというのをやっているのですが、姓名判断もいろいろあって、同じ名前で鑑定しても結果もいろいろ…。

あんまり姓名判断を気にしすぎるのも良くなさそうだなと感じています。(それでも、少しでも良い結果の名前にしたいと思ってしまいますが。)

だいたい候補が絞れてきましたが、まぁまだあと100日以上あるのでゆっくり考えていきます。

 

近況② 読み聞かせ継続中

5ヶ月目の近況メモで書いたお腹の赤ちゃんへの本の読み聞かせは絶賛継続中です♪

最近、夫の声にも反応したり、夫が触っても胎動を返してくれるようになってきました。夫をパパと認識してくれたのかなぁと良いように解釈(笑)

夫も嬉しそうで、毎晩「さぁ今日の分を読むぞ!」と楽しそうに読んでいます。

 

近況③ 6ヶ月目に入ってからいろいろ活発に

胎動がはっきりとわかるようになって、22週目の今はもう昼夜問わずポコポコポコポコ、赤ちゃんが超元気なのが伝わってきます。

胎動がわからないときは「赤ちゃん元気かな?」とずっと不安なのですが、胎動で元気をアピールしてもらえると、妊婦である私の気持ちも明るくなって、赤ちゃんとともに私自身も活発になってきました。

友達や知り合いに声をかけて会いにいったり、毎日散歩に出かけたり、はたまた新たな趣味を始めてみたり、自然と今のうちにできることをやっておこうという気持ちになります。

22週目以降は「流産」から「早産」になるそうで、ほんの少しまた安心できたり。

そろそろ赤ちゃんの身の回りのものもリストアップして揃えていきたいなーと思います。

 

 

▼池川明先生の胎内記憶の本はこちら

 

▼読み聞かせしている本はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました