紙媒体のメリット・デメリット

前回の「WEB媒体のメリット・デメリット」に引き続き、今回は「紙媒体のメリット・デメリットについてです。

新聞や雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体は衰退産業と言われがちですが、集客においては設定しているターゲットと使い方によって、まだまだ効果的な広告媒体だと思います。

紙媒体のメリット

紙媒体のメリットとしては、パッと思いつくところだと以下のようなものがあると思います。

  1. 一覧性が高い
  2. デザインにこだわれる
  3. セレンディピティ(ふとした気づき)があり、潜在ニーズを取り込みやすい

ひと目で入ってくる情報量が多い

WEB媒体と特に違うところは、PCやスマホなどの画面の大きさにとらわれずに広告を掲載できるというところだと思います。

今はスマホでしかネットを使わない、という方も増えているので、WEB媒体でユーザーが見る画面はどんどん小さくなっていますよね。

紙媒体はノートパソコン以上の大きさが多く、雑誌だと見開きで情報を見ることができるので、広告も大きく載せられる場合が多いです。

ひと目で見られる情報量は、紙媒体の方が多いのではないでしょうか。

これに派生して、紙媒体の方が「セレンディピティ(ふとした気づき)」が多いように思います。

セレンディピティによって潜在ニーズを取り込めるのが最大のメリット

私はこの「セレンディピティ(ふとした気づき)」があるという点で紙媒体が大好きです。

前回もお伝えした通り、WEBというのは「自分が欲しい情報についての検索ワードを入力しないと何も出てこない媒体」なのです。

基本的に、WEB画面上には自分が元々興味のある情報しか並びません。

つまり、WEBは顕在ニーズのある層には訴求しやすいですが、潜在ニーズにはほとんど対応できないと言えます。

その点、紙媒体はパラパラ読み進めると自分には興味のなかった情報も出てきます。これが、潜在ニーズを取り込むチャンスとなります。

紙媒体は、メディアによって、顕在ニーズ向けの内容にするか潜在ニーズ向けの内容にするか考えた上で広告掲載をすると十分に効果的な告知ができると思います。

WEB検索する前にお店の存在を知ってもらえる

WEB集客のデメリットとして、WEB検索しても検索結果で上位表示されなければ意味がないというものがありました。

検索結果で上位表示させるSEO対策は既にレッドオーシャンで、本気でやろうとすると大きな労力や金額がかかります。

しかし、WEB検索する前に紙媒体を使ってお店の存在を知らせ、興味を持ってもらえたとしたら…

そのときには、WEB検索するキーワードは「あなたのお店の名前」になるはずです。

その場合、SEO対策いらずで検索結果で上位表示されるでしょう。

地域情報を集めたフリーペーパーに掲載したりチラシをポスティングするのにはこういった効果も見込めます。

紙媒体のデメリット

紙媒体のデメリットは

  1. 広告掲載料が高い割に掲載できる情報量が少ない
  2. 掲載したら修正がきかない
  3. 持続力がない

等が挙げられます。

高いし修正できないし一発勝負だし超使いにくいw

印刷や配布コストがかかる紙媒体は、WEBに比べて広告掲載料が高くなりがちです。

さらに、一度印刷されてしまうと営業時間等に変更があっても修正ができません。

基本的に新しい号が発行されるとバックナンバーは入手できなくなるので、掲載したその時の一発勝負になることも多いです。

使いこなすのに高等技術が必要

WEBと比較すると超使いずらいように思う紙媒体ですが、上記で挙げたようなメリットもあり、使いこなせば確実に武器になると思います。

しかし、使いこなすのには高等技術が必要という…。難易度高いですね。

まず、潜在ニーズを取り込むという紙媒体のメリットを享受するためには、同じ紙媒体に掲載し続けるということが必要になります。

一回だけの掲載でたくさんの人に知ってもらい、興味を持ってもらい、覚えてもらえれば良いのですが、そんなにインパクトのあるお店はなかなかありません。

地道に何回もお店の名前を見てもらい、あの手この手で興味を持って覚えてもらうことが必要です。

そして、掲載内容についても工夫が必要です。

ただメニューや商品を掲載しても意味がありません。

掲載する媒体のユーザーはどんなことに興味があるか、はたまたどんなことに困っているか、そして他店との差別化ポイントはどこなのかなどなど、たくさんのことを考えて1回1回の掲載内容にまとめていきます。

紙媒体に掲載する際は、担当の力量によっても効果が変わってきます。現に、会社に勤めていたとき、集客効果がなくて掲載をやめようとしていたお店さんがたくさんいたのですが、私が担当になってからはいきなり集客効果が上がって驚かれていました。

もし、地域のフリーペーパーなどに掲載しているか掲載を検討していて、効果に不安がある方がいたら、そういった相談等も受け付けていますのでお気軽にご連絡ください。

毎月10名様限定で初回60分無料でご相談を受け付けています。

ぜひ、WEBだけでなく紙媒体も効果的に使いこなしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました